向き不向きがはっきりと出る電話を使った仕事

高い時給をもらえる仕事の一つに電話の仕事が挙げられます。たとえば製品のユーザーから問い合わせを受けるサポートの仕事だったり、電話で商品やサービスの案内をする営業の仕事などがそうです。電話の仕事というのは、未経験者からすると座って電話で話しているだけで簡単そうに見えるかもしれませんが、実際には人によってかなり向き不向きがあり、向いていない人は一日だけでも大きなストレスがたまり、退職してしまう人もいます。そういった離職率の高さが高い時給につながっているのです。

サポートの仕事はクレームを受けることもある

では、電話の仕事は具体的にどのようなことをするのでしょうか。まず、サポートの場合ですが、電話でユーザーの質問を受けたあと、ユーザーの問題を解決できるようにマニュアルや過去の事例などを検索します。もし、回答があればそれを伝え、また、電話で指示を送りながらユーザーが解決できるのを待ちます。もちろん、クレームの電話を受けるのも仕事です。たとえば、製品を買って間もないのに壊れてしまったといった電話に上手く対応しなければなりません。

才能が要求される営業の仕事

電話で営業をする仕事は、サポートのようにクレームを浴びせられる心配はそれほどありませんが、相手が自社の製品やサービスに興味があるのかわからなくても、とにかく電話をかけるので、無言で切られたり、いかにも迷惑そうな対応をされたりすることに耐えなければなりません。その上で商品を売り込んでいくことになりますが、話術や声質、話し方などの才能の有無で売り上げが変わってきます。マニュアルさえ読めればなんとかこなせるサポート違い、才能が要求されるのも営業の難しさでしょう。

住み込みの求人は季節的な求人が大多数で、他は大学や企業の寮などです。前者は学生が長期休暇などを利用して働く事が可能ですし、後者は仕事の能力に加え信用第一なので年配の方が中心です。